【利息制限法】についてご説明していきます。

フリーダイヤル0120-316-571

札幌/仙台/東京/名古屋/大阪/岡山/広島/福岡

まずはお気軽に
ご相談ください

用語集 用語集

ら行

利息制限法

貸金の利息の制限を定めた法律のことをいう。元本が10万円未満は年20%、元本が10万円以上100万円未満は年18%、元本が100万円以上は年15%と制限されている。
この制限を超えての利息の定めは無効であり、超過して支払い済みの利息は元本に組み入れて引き直し計算することを請求することができる。
但し、貸金業法で定められたみなし弁済の要件を充足している場合には、年29.2%までの利息をとることが認められるが、要件が厳格であるので、要件を満たしている業者は皆無である。

お悩み別アーカイブ

司法書士用語集

これを知ればあなたも法律名人!

TOP