過払い金請求は司法書士にお任せ!

フリーダイヤル0120-281-666

札幌/仙台/東京/名古屋/大阪/岡山/広島/福岡

まずはお気軽に
ご相談ください

過払い金 過払い金

過払い金請求ってなに?

雲はてな

過払い金とは、一言で言うと貸金業者に余分に払い過ぎたお金のことです。消費者金融会社等に返済をした額が本来返済すれば良い額を超えていた、ということです。
では、なぜ払い過ぎ、すなわち過払いが生じてしまうのでしょうか?それは、消費者金融等が設定した利息(利子)が法律(利息制限法)に定められたものを大きく超えていたからです。
「利息制限法」に違反した利息は無効です。これを知らない借り主の方は消費者金融等と契約したとおりに、支払わなくてもよい分まで支払ってしまっていたのです。これが過払い金です。
支払わなくてもよいお金だったのですから、当然返してもらうよう請求することができます。これが過払い金返還請求です。
この過払い金の返還請求は、現在借金返済中の方だけでなく、借金を全て返し終わっている場合も可能です。
また、過払い金は消費者金融会社からの借入の場合だけでなく、クレジットカードによるキャッシングの場合にも生じます。

グレーゾーン金利について

過払いが生じる理由、それは、消費者金融等が設定した利息が法律(利息制限法)に定められたものを大きく超えていたから、とご説明しました。
では、なぜ消費者金融等は利息制限法に違反する利息で貸付を行ったのでしょうか。

それは、利息制限法には罰則がないためです。
借金をする際の利息について定めた法律に「利息制限法」という法律と「出資法」という法律があり、出資法には罰則があるのですが、利息制限法には罰則がないのです。
しかも、利息制限法の定める利息と出資法の定める利息とが異なっていたため、貸金業者は罰則を受けずにできるだけ高利で貸し付けをするために、出資法の上限は超えないけれども利息制限法の上限は超える金利で貸付を行っていたのです。
この「出資法の上限は超えないけれども利息制限法の上限は超える金利」をグレーゾーン金利と言います。

利息制限法の利息は以下のように定められています。

借入金額 金利率の上限
10万円未満 1年で 20%
10万円以上100万円未満 1年で 18%
100万円以上 1年で 15%

これに対し、出資法の利息の上限は1年で29.2%でした(2010年まで)。
そして、消費者金融会社やクレジットカード会社はこの出資法の金利そのままか、もしくはこれに近い高金利を設定していたのです。

しかし、「利息制限法」の上限を超える金利は法律上無効な利息、つまり払わなくてよい利息です。
にもかかわらず、一般の借り主の方はこのような事情を知らないので、貸金業者との契約どおりに、本来は支払わなくてよいグレーゾーン金利のお金を払ってしまっていたのです。
つまり、このグレーゾーン金利が過払い金、ということになります。

このグレーゾーン金利(過払い金)は、消費者金融会社やクレジットカード会社に対して返してもらうように請求することができます。
具体的には、今までの取引(借入と返済)について、利息制限法の定めどおり利息を支払っていた場合を計算し(これを「引き直し計算」と言います)、この計算により算出された過払い金の返還を求めていくことになります。

司法書士用語集

これを知ればあなたも法律名人!

TOP